保険はどれも同じ、、、ではありません

保険はどこに入っても同じ、長い間そう言われ続けてきました。

戦後の日本は、体力のない保険会社でも経営が成り立つように、さまざまな規制を設け、競争を制限してきました。新しく保険業を始めることができないようにして、無競争状態にしておいたのです。これを護送船団方式といいます。
その結果、経営状態の良い生保は、過剰ともいえる利益を上げることが可能になりました。

あなたは「自由化」とか「規制緩和」という言葉を聞いたことがありますか?1990年代はあらゆる業界に変化が起こりました。

たとえば、

  • 百貨店やスーパーの営業時間が延びたことや年中無休になったこと。
  • 郊外型の大型ショッピングセンターが建ち並ぶようになったこと。
  • ベンツやBMWなどの外車をやたら多く見かけるようになったこと。

などなど、これらは規制がなくなったおかげです。
消費者としては、良い商品が安く買えるようになり、ありがたいことです。

保険業界も規制が緩和され、自由化の波が押し寄せました。
1995年に保険の法律が大きく変わり、国の保護がなくなり、競争の原理が導入されました。

  • 商品開発や保険料の設定を各社で行なえるようになったこと。
  • 銀行の窓口でも保険に加入できるようになったこと。
  • 外資系やカタカナ系、損保系生保が新しく営業を開始できるようになったこと。

その結果、保険会社を選ぶことによって、同じ保障内容でも保険料が2割・3割も違うようになったのです。

保険に「良い保険」とか「悪い保険」というのはありませんが、あなたの目的や考え方に合っているかどうかで、「損する保険」や「得する保険」になることはあります。

しかし、難しいことではありません。保険の「仕組み」を理解すれば、誰でも簡単に保険の見直しや保険選びができるようになるのです。

給料が右肩上がりの高度成長の時代は終わりました。今は収入や雇用状況の厳しい時代です。少しでも保険のムダを省いて家計の負担を減らしていただきたい、そんな気持ちでこのサイトを作りました。あなたの生命保険見直し・保険選びの参考にしていただければ幸いです。

保険見直しアドバイス

ずっと加入したままになっている、今の生命保険。暮らしが変わったり、家族が増えたりしたら、保険も見直してみましょう。こんなときが、あなたの保険の見直しや検討を考える機会です。

保険の見直しポイント1ライフステージごとに考える保険の見直し

親からの独立、結婚、子供の誕生、マイホーム獲得・・・。人生にはいろいろな節目があります。その節目で家族構成や暮らし方などが大きく変わってきます。暮らしや家族が変わると、保険の保障内容が今の暮らしに合っているか、保険にかけられる予算はどれくらいか、などの検討が大切。ライフステージごとに見直してみましょう。

保険の見直しポイント2保険の契約期間ごとの見直し

保険には、10年更新型、15年更新型など契約期間に応じたさまざまなタイプがあります。この契約を更新するときも、今の保険を見直す良い時期です。保険料と保障内容のバランスがとれているか、毎月の保険料に無理がないかなど、家族それぞれの人生プランや家計の状況などを考えながら、あなたや家族にとって最適な保険を検討してみましょう。

保険の見直しポイント3いまの保険の内容をチェックしてみましょう。

あなたが今ご加入している保険。その内容はご存知ですか?保険を見直すうえで、まず大切なのが今の保険の内容をきちんと把握することです。保険証券を金庫の中やタンスの奥などに眠らせたままにしないで、下記の点を一つ一つチェックしてみましょう。

  1. どのような種類の保険に加入していますか?
  2. いくらの保障がついていますか?
  3. いつまで保障が続きますか?
  4. いくらの保険料をいつまで払いますか?

保険の見直しポイント4こんな疑問や不安をお持ちの方に無料相談をお勧めします。

  1. 今の生命保険は自分に合っているのかな?
  2. 保障内容がよく分からない
  3. 勧められるまま加入したけど、これでイイのかな?
  4. 生命保険料を少しでも安くできないかしら?
  5. 営業マンに相談すると、保険を勧められそうでイヤだ

どこの保険会社にも属さない独立系FP(ファイナンシャルプランナー)が中立・公正にアドバイスします。

無料保険相談保険の見直しをご希望の方はこちらへご相談の流れ

サブコンテンツ

テキストエリア

ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。

このページの先頭へ