子供が生まれたら死亡保障を充実させる

夫が家計を支えている場合、子供が生まれたらまず考えなくてはならないのが、夫の死亡保障です。もし、死亡保障額が低い場合、夫の遺族年金だけでは経済的に困るのが目に見えています。子供が満足できる教育を受けられないということにもつながります。子供のために、生活費と教育費をカバーできる保障額を準備しましょう。

一般的には、会社員で子供のいる夫の死亡保障額は3000万円程度、自営業の場合は遺族年金が少ないため、1000万円以上は多めに必要とされています。

万一の場合に備えるもうひとつの保険が収入保障保険。これは、夫が死亡または高度障害になった場合、保険金が毎月お給料のように払われるタイプの保険です。加入時に決めた期間、夫が亡くなった月から保険金が支払われ、残された家族の生活を助けてくれるわけです。

大きなメリットは、保険料が安いこと。まだ若くて、万が一のときに備える貯蓄が少ない場合は、こうした保険に加入しておくと安心です。また、まとまったお金を手にするとすぐに使ってしまいそうな人にもお勧めです。

サブコンテンツ

テキストエリア

ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。

このページの先頭へ