ガンが気になる場合

現在、死因のトップはガンです。世間ではガンの恐さを知らない人はいないでしょう。しかし皆さん、まさか自分がガンになるとは思っていないでしょう。ガンになると、精神的な不安と経済的な不安が同時にきます。

日本人の3人に1人がガンで亡くなっている現状からすれば、けっして他人ごとにはできない病気です。そして、ガンは2 人に1 人、だれもがかかる可能性のある身近な病気です。しかし、医療技術が進歩したおかげで、ガンはもはや不治の病ではなくなりました。

ガンになった場合、問題になるのが高額医療費です。ガンは治したい!でも高額医療費は払えない。

ガン治療には主に「手術」「放射線治療」「化学療法(抗がん剤治療)」の3つがあります。かつては手術が中心でしたが、今はこれらを効果的に組み合わせた治療が主流になりつつあります。
中でも放射線治療と化学療法は、長期の入院なしで高い効果が期待できます。しかし、先進医療の治療は公的医療保険の対象外で全額自己負担となるため、高額な負担が発生します。
ガンの治療には健康保険の効く薬の他に、たとえばまだ日本では未承認の新薬などが使われるケースが多く、この場合の自己負担額はかなり高額になってくるといわれています。

最近の傾向としては入院日数は短く、その後の通院期間が長くなるという傾向です。退院後の長期化する通院のため、4割強の人が会社を休職もしくは退職しています。収入減と治療費の支出、さらに、ガンに罹って働けなくなったとしても、住宅ローンの返済は続けなければいけません。

ガンは治る病気です。しかし家庭にとっての経済面への影響は多大であることがわかります。

ガン保険は多くの場合、高額医療費をカバーする一括給付金と日々の入院費をカバーする入院給付金などが支払われます。 通常の医療保険でもガン入院は支払いの対象なのですが、ガン治療には自己負担の大きい個室入院となるケースも多く、万全の治療のためにも、ガン保険はぜひ検討しておきたいところです。

ガンの治療技術は急速に進化しています。古いタイプのガン保険では十分に対応できない場面も生じてきております。ガン保険のトラブル、苦情などに以下のようなものがあります。

  • 65歳以降の保障が半額になる
  • 支払いは1回きりで終わり
  • 100万円のハズが10万円しか支給されない(ガンの種類によって診断給付金の額が違う)
  • 通院の保障は一定期間で打ち切り
  • 2年に1度請求できると思っていたが、違った
  • ガンになっても保険料を払い続けないといけないなんて!

10年以上前にガン保険に加入した方は要チェックです。しかし、古いタイプのガン保険が使いものにならないというワケではありません。ガンの治療技術は目まぐるしく進歩しています。ガン保険も日々進化しています。むかし入ったガン保険では、上記のようなケースが生ずる可能性があることを理解しておいてください。

ガン治療に大切なこと。「治療費」のほかに、実は、もうひとつあります。

ガンになったとき、最適な治療法や病院を自分で探すことは、むずかしいのではないでしょうか。
もしガンになったら、誰もが疑問に思ったり、願うはずです。この治療法は本当に自分に合ったものなのか、ほかに治療法はないのか、副作用はどうなんだろう、優秀な専門医に診てもらいたい、と。
そのためには、私たち自身もしっかりした知識をもたなければならないのですが、現実には簡単なことではありません。

そこで、病名や症状に合った最適な治療を選択するサポートをしてくれるサービス(セカンドオピニオン、優秀専門医の紹介)を「付加価値」として付けている保険もあります。
信頼できる情報を得て、最適な医療や医師を選択できること。これも、現代のガン治療に欠かせない安心です。しっかりとした保障と安心できる情報があれば、本当に安心して治療と向き合えるのではないでしょうか。

サブコンテンツ

ガン発病後の5年生存率

早期発見だと9割、進行が進んだガンなら2割を下回ることも。治療が長期化すると医療費の負担も増大します。健康保険適用の治療(3割負担)だけでも、5年間続けると、最大で300万円の医療費が必要になります(高額療養費制度を適用後の自己負担額)。さらに、保険適用外の医療費は全額自己負担となります。

このページの先頭へ